アレルギーへの効果

アレルギー性鼻炎などの症状に対する減感作療法

アレルギー性鼻炎は典型的なアレルギー症状の1つです。花粉、ハウスダストやダニ死骸など様々なものをアレルゲンとして発病します。治療法としては、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン製剤、いわゆるステロイド剤を用いた薬物療法がアレルギー性鼻炎のみならず、アレルギー症状全体の基本的なメソッドとなっていました。 近年のアレルギー治療上のトピックスに、減感作療法の発展が挙げられます。これは医師の監督下において、調剤された微量のアレルゲンを意図的に体内に入れる療法です。アレルゲンに免疫系を「慣らす」ことによって症状の緩和を図るのが基本的な考え方となっています。アレルギーの原因そのものの改善を行うため、アレルギー性鼻炎を始め多くのアレルギー症状に効果が期待されています。

どこで治療を受けられるのか

減感作療法はアレルギー性鼻炎などのアレルギーの根本的な治療法となりうるものですが、全国全ての耳鼻科医院で受けられるというものではありません。しかしながら近年は大病院の耳鼻科に限らず、個人開業のクリニックでも実施されていることも増えてきました。この療法を受けるに当たっては実施しているクリニックを探すことが第1です。 また、減感作療法は薬物療法に無い長所を有してはいますが、微量とはいえ体内にアレルゲンを摂取するためアナフィラキシーなどの副作用が発生する可能性もあるため、いざどいうときの体制を考えておく必要もあります。加えて治療期間が年単位に及ぶことが多いため、長期間受診を続けられる医療機関を選ぶことを推奨します。治療以外にも、サプリメントや健康食品も色々とありますのでそういったものを試すのも予防改善に繋がります。

Menu